Pocket
LINEで送る

年賀家族の2017年(とり年)の年賀状印刷を頼む場合の詳細をまとめてみました。

■ 早割期間 ■

期間限定で基本料金の割引キャンペーンを行っています。期間別に割引価格が異なり、早ければ早いほど割引率も高くなります。

※ 基本料金とは
デザイン基本料・印刷基本料・イメージ調整料のこと

  • 12月13日~16日 38%割引
  • 12月16日~20日 37%割引

■ デザイン ■

デザイナーがプロデュースした数多くのデザインが用意されています。バリエーションは2万にも及ぶとのことなので、この中からお気に入りが見つからないことはないと思われます。

・家族の定番
・シンプル
・クリエイター
・干支
・ナチュラル
・ジャパニーズモダン
・写真1枚
・写真8枚以上
・雑誌風
・コミック風
・上級レイアウト
・ペット
・お便り風

【用途別】
・結婚報告
・出産報告
・クリスマスカード
・寒中見舞い

など、様々なバリエーションのデザインがあります。

■ 印刷タイプ or 写真タイプ ■

年賀家族では写真入り年賀はがきを注文する際、写真タイプでの作成となります。

【写真タイプ】
フジカラーの高品質銀塩プリントで現像し、それを年賀はがきに貼り付ける形を取っています。画質・仕上がり品質などはとても良いようですが、はがき自体が分厚くなるため、自宅のプリンターで宛名印刷ができない可能性が出てしまうタイプです。

宛名印刷の問題に関しては、年賀家族の公式サイトでも詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。
宛名印刷の注意点と解決方法|年賀状なら年賀家族

■ 宛名印刷サービス ■

年賀家族では宛名印刷のサービスを有料で行っています。現在は50%の割引期間中です。

  • 基本料金:1,080円⇒無料
  • 印刷代金:40円/1枚⇒50%OFF

もしも自宅のプリンターで写真タイプの年賀状を宛名印刷することに不安を感じる場合は、手書きか宛名シールを利用することをお勧めします。

どうしても手書きしたくない場合は、宛名印刷サービスを行っているところで作成した方が無難かも知れません。

印刷タイプと写真タイプの違い、宛名印刷の問題点と解決方法についてはこちらのページで詳しく解説していますので、ネットでの年賀状印刷がまだよく分かっていないという方は是非とも見ておいてください。
写真タイプと印刷タイプの年賀状の違いと、宛名印刷問題の解決方法

■ 仕上がり ■

フジカラーの最高級印画紙を使用し、銀塩プリントで現像したものを直接はがきに貼り付けています。

丈夫な作りで、手触りも滑らか、さらに銀塩半光沢という特殊な仕上がりによって最高のバランスを実現している商品です。

基本的には写真入りの「写真タイプ」を商品として扱っていますので、デザインのみの場合は別のサービスを利用するのが良いでしょう。

■ 年賀はがきの持込み ■

可能。すでに購入した分を持ちこんだ場合、商品との差額をキャッシュバックするサービスを行っています。

■ 納期 ■

  • 通常 : 5営業日目で出荷
  • 特急 : 3営業日目で出荷(+980円)
  • 超特急 : 2営業日目で出荷(+1,480円)

■ 価格表 ■

  通常価格 割引価格
期間別に割引価格が変動
基本料金 8,500円
送料 無料
年賀状料金
・写真
【50枚注文】
印刷料金:4,400円
はがき代:2,600円
基本料金:8,500円
送料:無料
合計:15,500円
基本料金のみ割引
(期間別に割引率は変動)
備考 ・代引き手数料は無料

■ 公式サイト ■

年賀状の注文はこちらの公式サイトから。
写真が引き立つ年賀状なら【年賀家族2017】



■ お勧めの年賀状印刷サービス ■

これから年賀状を業者に頼もうとしている方は、年賀状印刷サービスの最安値とおすすめ業者について知りたいという方は多いと思います。一応ですが管理人takaがその情報をまとめてみましたので、良ければ見ていってください。(全部の業者は調べていません。管理人が調べた範囲内で情報をまとめています)

2017年(酉年)の年賀状印刷サービスの最新価格を比較している表、そしてお勧めの考察などを載せているページです。年賀状印刷をどこで頼もうか迷っている方の参考になると思います。

>> 年賀状印刷の価格比較とお勧めサービスのページ

Pocket
LINEで送る