Pocket
LINEで送る

このページでは「vivipri」の良いところ、悪いところなどをまとめています。より詳しい会社詳細は「vivipri公式サイト」に載っていますので、そちらでチェックをお願いします。

vivipriとは

vivipriは福岡県福岡市に本社を置く「株式会社福多デジタルフォト」が運営しているサービスです。写真プリント、証明写真などの『写真をプリントすること』に特化したサービスを展開しており、その中の一つとしてフォトブックの注文も受けています。作れるサイズの種類が豊富で、特徴あるカバーを提供しています。昔ながらの「銀塩写真」を採用しているため、画質の良さを重視する方にとっては、一度はチェックしておきたい会社となるでしょう。

vivipriの魅力

何を置いても、vivipriでまず注目したいポイントと言えば

  • 銀塩写真でフォトブックが作れる

が挙げられます。

現状、銀塩写真でフォトブックが作れるところは数えるほどしかないため、良画質を求める方にとっては選択の一つと成り得る貴重な一社となっています。


銀塩とは、一般的に写真を現像する際に使われるものであり、専用の印画紙に焼き付けることで鮮明な画質を提供してくれるという特徴を持っています。昔からある「フィルム」による写真現像は、どれも銀塩と印画紙で行われていました。対してMyBookなどの大手は最新の「オンデマンド印刷」を採用している所が多いですが、オンデマンド印刷は銀塩よりも画質は劣るのではないか・・という見方が一般的となっています。

vivipriでは、そんな高画質が期待できる銀塩印刷を採用している数少ない会社の中の一つです。vivipriは一番小さいハガキサイズであれば1,000円ちょっとで注文できるため、画質の良さを実際にチェックしてみたいという方は、一度試しに作ってみるのも悪くないと思います。

また、他の魅力ポイントには

  • サイズの種類が多い
  • ページの全面を使った見開き印刷が可能
  • 価格が安い
  • メール便が使える!(送料なんと80円!!)
  • 良い意味で、本らしくない製本具合
  • 編集ソフトの操作が簡単なため、誰でも作成可能

ということが挙げられます。

銀塩+価格が安いということで、かなり使い勝手は良いと思います。また、編集ソフトは簡単に操作でき、PC操作が苦手な方でも作れると思いますが、使い方に慣れるまで(感覚が分かるまで)は満足な操作はできないかも知れません。まあ、どのフォトブックにも言えることですが。

また、仕上がり具合は『本』とは少々異なっているような印象を受けます。これはちょっと言葉での説明は難しいので省きますが、気になる方はvivipri体験談その.1に現物の写真が載っていますので、良ければチェックしてみてください。

vivipriの欠点

なかなかの魅力を持っているvivipriですが、欠点と言えるべき気になるポイントも少なからずあります。ちょっと挙げてみたいと思います。

まず気になったのが「デザイン性能が低め」ということ。基本的なデザイン性能も低めですし、テンプレートの数も少ないです。

一応、結婚式用や子供用のテンプレートは用意されていますが、どれも満足度が凄く高いとは言えないと思います。ある程度、形がまとまっていればそれでいい・・という方には問題ないですが、一生に一度の結婚式用のフォトブックを作る場合などでは、ひょっとすると「パッとしないかも」と感じるかも知れません。ただ、これは人それぞれの好みに大きく左右されるところではありますが。

ただ、「デコ素材」はけっこう使えると思います。デコ素材は種類がとても多いので、色々と楽しんでカスタマイズできますし、写真だけでは出来ないカスタマイズも行うことが出来るでしょう。

また、先程は「銀塩写真が魅力!」とも言いましたが、MyBookなどの画質レベルが高めのオンデマンド印刷と比べて、大きく差があるという訳ではありません。個人的な意見になりますが、確かに画質は良いと思えますが、「だからvivipriにしよう!」となるほどではないかなと思いました。実は他のフォトブック会社も画質は良い所が多いので、銀塩写真だからと言ってそれが印籠代わりになる訳ではないかな・・といった感じです。

あとの気になる点を挙げるとすると

  • 通常のハードカバータイプが作れない
  • クレジット払いが出来ない
  • 画像解像度が低いと、写真を大きくできない

こんなところですかね。欠点は少なめなサービスを展開していると言えます。

また、個人的意見になりますが、表紙、本文の紙質があまり良いとは思えませんでした。あくまで個人的意見ですけどね・・。

どんな場合にvivipriがおすすめ?

上記のメリットとデメリットを考慮して、私がvivipriを利用したいと思えるシーンは

  • 子供の成長記録
  • プレゼント用

銀塩+低価格ということで、友人へのちょっとしたプレゼント用として使えるかなと思えます。また、子供の成長記録にも活用できそうです。運動会の写真や旅行の時の笑顔の写真とか、良い画質で残してあげたいところですね。

元の写真と画質を比較

元々の写真と、フォトブックで仕上がった画質を比較しています。少々見ずらいかも知れませんが、vivipriの画質をチェックしたい場合は是非とも参考にしてください。

・iPhone5sで撮影
・フォトブックサイズは2L(190×120mm)

【実際の写真】
hikaku01

【フォトブック】
041

【アップ】
043

+++++++++++

【実際の写真】
hikaku02

【フォトブック】
038

【アップ】
044

+++++++++++

【実際の写真】
hikaku03

【フォトブック】
040

【アップ】
045

ちょっと見えにくいかも知れませんが、お役に立てたら幸いです。

vivipriのスペック

運営会社  株式会社福多デジタルフォト
サイズ  100×150mm~300×210mm
価格  1,160円~21,910円
ページ数  16~60Pまで作成可能
印刷方法  銀塩写真
作成方法  ソフトをダウンロードして作成するタイプ
決済方法 コンビニ払い(手数料:190円)
銀行/郵便局振込み(手数料:150円~)
送料  メール便:80円 / 宅急便:600円
お届け日  メール便:制作期間+約1週間 / 宅急便:制作期間+約2日
公式ページ  vivipri

vivipri関連ページ

□ 他の銀塩と比べるために、試しに作ってみました【vivipri体験談その.1】
□ スマホの写真で作ったvivipriフォトブックの画質をチェック【vivipri体験談その.2】

Pocket
LINEで送る