Pocket
LINEで送る

先日、Linkshare主催の「花とギフトの母の日フェア」へ行ってきたところ、フジフイルムのブースがあり、そこで色々なフォトブックを紹介していました。まだ作ったことのないタイプの作品も見ることが出来ましたので、かなり満足度高かったです。良い刺激になりました。

今回のこのイベント、近いうちに『母の日にフォトブックをプレゼントしよう』と考える方が増えそうな力の入れ具合です。まあ、フォトブック好きの私にとって、母の日へのプレゼントの選択肢の一つとして当然考えていました。かなり喜んでくれそうですからね

もしもまだ母の日へのプレゼントが何も決まっていないのであれば、お子さんの成長記録をまとめたフォトブックを作ってプレゼントするのも良いと思います。かなりお勧めです。

厚本タイプ

ではでは、イベントに用意されていたフォトブックたちはどんな感じだったのでしょうか。ちょっとご紹介しますね。

まずは『厚本タイプ』のフォトブック。

フジフイルムフォトブック写真01 フジフイルムフォトブック写真02

最大で200ページまで作ることが出来るという、フォトブック業界の中でも最も多くの作成ページ数を誇るタイプがこちらです。大きさは127×127mmで固定されていますので、写真のような手のひらサイズとなります。

多くの写真を使ってフォトブックにしたいけど、1枚の写真で1~2ページ使いたいという方に最適です。

リング製本タイプ

お次は『リング製本タイプ』のフォトブック。

フジフイルムフォトブック写真03 フジフイルムフォトブック写真04

左がフォトブックスクエア
右がフォトブックエーファイブ

2つの違いは・・大きさが異なるだけという。

両方とも印画紙出力ですので、画質の良さは間違いないですね。かなり綺麗な仕上がり状態となっています。

基本的にリング製本はこれまでにほとんど頼みませんでしたが、これもなかなか悪くない形かなと思えました。

リング製本が好みだという方には、かなりお勧めできるタイプですね。

アルバムブック

最後は『アルバムブック』を紹介したいと思います。

フジフイルムフォトブック写真05

上の写真のように、決まったデザインや挿絵が入っており、ストーリー形式で写真を入れていけるタイプのフォトブックがアルバムブックです。

フジフイルムフォトブック写真06 フジフイルムフォトブック写真07

フジフイルムフォトブック写真08 フジフイルムフォトブック写真09

すでに決められたテンプレートにはめ込んでいくだけなので非常に簡単です。簡単ですが自由度はないため、自分でオリジナルのデザインを作り、編集したいという方には向いていません。

小さいお子さんがいる方は、このアルバムブックを利用して母の日のプレゼントを作るのも全然ありだと思います。プレゼント用と自分たち用とで2冊作るのも良いですね。

まとめ

他にも色々なブースが出展されているイベントだったのですが、フォトブック関係はフジフイルムだけでした。とは言っても、フジフイルムだけで色々と幅広く作成できるということを再確認できましたので、今回はかなり収穫だったかなと思います。

また、今回は紹介していませんが、通常タイプの『フォトブックデザイン』や、印画紙で画質良く作れる『フォトブックハードカバー』も、素晴らしい出来が期待できます。興味がある方はぜひフジフイルムをチェックしてみてください。

フジフイルムについては、当サイトで詳しい解説をしています。
>> 富士フィルム(フジフイルム)の特徴と魅力、欠点

++++++++++

母の日のプレゼント用として、フジフイルムも候補に加わったことは事実。またフォトブック選びで迷う日々が戻ってきそうだ・・。

Pocket
LINEで送る