Pocket
LINEで送る

フォトブックは基本的にデジカメのデータを元にして、各会社それぞれの印刷方法で作られています。

印刷形式の中には「銀塩写真形式」を採用している会社もあり、昔ながらの印画紙写真タイプの画質を持ったフォトブックを作ってくれています。

銀塩写真の場合

銀塩写真形式とは、薬品を使用して印画紙に焼き付ける印刷方法です。一般的な写真の現像は基本的に銀塩写真で行われていました。最近のフォトブック業界で多くの会社が採用しているのは電子印刷の方ですが、電子印刷のCMYKでの表現よりも銀塩の方がより細かく色を表現できると言われています。

銀塩写真形式のフォトブックを提供している会社は少なからずあります。
フジフイルム
P-Book(らくらくフォトブック
ネットプリントジャパン
フジフォト

通常の電子印刷と銀塩印刷とでは、程度の差はあれ、画質と紙質に違いがあります。特に「画質」に関しては、確かに銀塩印刷の方がより鮮明であり、細かいところまでしっかりと描写していると言えるでしょう。そしてやはり、あの味のある質感は捨てがたいものがあります。基本的に、細かい部分もしっかりと写ってますからね。電子印刷では表現できない描写も、銀塩なら出来ることもあります。

画質の良さだけを求めるなら、間違いなく銀塩写真形式のフォトブックを作った方が良いですね。お勧めです。ただ、銀塩写真形式だと少し価格が高くなる傾向にあります。

なので価格と相談し、作るようにしてください。その分、画質面では文句ないと思います。

おすすめはフジフイルムP-Book らくらくフォトブックですかね。満足の画質で作ってくれますよ♪

電子印刷の場合

しかしながら、最近の電子印刷はとても性能が良いので、こちらを選んでもかなり満足できるものを作ってくれるというのが現状です。

「画質はそれほど気にならない。価格やデザイン、製本の品質などのトータル点数で決めたい。」という方は、無理に銀塩写真にせずに、より自分にとって満足できるサービスを選ぶようにしてください。

個人的には、フォトブックの作りやすさやデザイン性・仕上がり製本の品質などを考えると、MyBookで作る方が好きですね。あとはフジフイルムは銀塩写真以外にも、普通の電子印刷もありますのでお勧めです。

どうしても銀塩!・・という感じでもないのであれば、画質・デザイン共にかなり満足できる「MyBook」や「フジフイルム」を使えば良いのではないかと思います。

Pocket
LINEで送る