Pocket
LINEで送る

MyBookの本文加工は以前まではニス加工のみだったのが、新たにラミネートの光沢・つや消しの2種類が加わり、注文の際に自由に選択できるようになりました。

フォトブックの選択の幅が増え、ますますMyBookが素晴らしいサービスになっていくのは個人的にも嬉しいことなのですが、加工の種類が増えたおかげで「どれを選べば良いんだろう・・」と迷う方が増えるのは目に見えています。

ただでさえフォトブックは多くの会社がサービスを展開している関係上、会社選びからサイズ・テンプレート選びまで、色々と選択しなければいけない項目が多いというのが現状です。さらに加工の種類まで選べるというのは、ありがたいを通り越して「また面倒が増えた・・」と感じる方もいることでしょう。

ですが、MyBookではニス・ラミネート光沢・ラミネートつや消しの3種類のサンプルを無料で自宅にお届けしてくれるというサービスもしています。これにより、面倒だったかも知れない本文加工の選択肢の増加が、「より自分の好みに近いフォトブックが選べるようになった」という前向きなものに変わってくると思います。

そんな訳で、MyBookでフォトブックを作る際に本文加工をどれにすればいいのか迷っているという方は、是非とも『印刷加工サンプル』を頼んでみてください。

実は私もサンプルを届けてもらったので、このページでもちょっと紹介したいと思います。

3種類の印刷加工サンプルはこんな感じ

頼んでから(多分)5日で到着した「印刷加工サンプル」。

001

それぞれこんな感じとなっています。

まずはニス加工

003

ラミネート光沢加工

002

ラミネートつや消し加工

004

うーむ、見事に写真だと分からない感じになってしまっていますね(笑) 載せなければよかったと思うほどです・・。

それぞれの分析

光の反射具合で言うと

ラミ光沢 > ニス > つや消し

となります。

ラミネート光沢の場合はかなり光が反射するので、しっかり加工してくれているな・・という感じがします。触り心地はツルツルしていて、丈夫な紙質という印象も受けます。ちなみに、ラミネート光沢は私が一番好きな加工でもあります。

ラミネート光沢の場合、何故か画質まで良く見えてしまうのですから自分でもビックリです。

ニス加工は、光はほどほどという感じで、個人的には一番自然に近いという印象を受けます。触り心地はツルツルですが、ラミネート加工ほどではありません。他の加工に比べると紙質が柔らかいですが、同時に「弱い紙なのかな?」という印象も受けてしまいます(実際は弱くないでしょうけど)。

最後にラミネートつや消しですが、光りの反射はほぼありません。とは言っても暗いという感じではなく、どちらかというと高級な紙で作られているという印象を受けます。光の反射を抑えてあるので見た目は柔らかい感じですが、紙質は強くてしっかりしています。

管理人の各印象はこんな感じです。あとはご自分で実際に見ていただき、判断していただければと思います。

『印刷加工サンプル』はMyBook公式サイトから請求することが出来ます。また、私が取り寄せた時は30%OFFのクーポン(1冊のみ)が付いていたので、もしかしらそちらも貰えるかも知れません。(いつまでクーポンが付いてくるのかは分かりません)

【公式サイトはこちら】
MyBook

Pocket
LINEで送る