Pocket
LINEで送る

掛け替えのない大切な思い出。多かれ少なかれ、誰もが持っていると思います。

時に思い出して泣きたくなり、そして時に笑顔をくれる。そんな、いつまでも心に残るような出来事がある方は幸せです。思い出はお金で買うことが出来ませんので、大切な思い出を持っている方は、それだけ自分にとって意味のあることをしてきたということです。

で、心に残るような「思い出」を持っている場合、大切となるのが「残し方」だと思います。ここは人それぞれだと思いますが、写真などの何らかの形としてモノがある場合は、それを未来に残しておきたいと思う方も多いでしょう。

  • 額縁を買って写真を入れたり
  • アルバムに入れたり
  • 箱に入れて大切に保管したり
  • または頭の中でずっと保存したり・・

と、色々な方法がありますが、自分の好みの形で残している、もしくは残したいと思っていることでしょう。

で、個人的にですが、写真データが残っている場合は「フォトブック」にして残しておくのも良い方法だと思っています。

フォトブックであれば文字が入れられるし、写真をオシャレに加工できるし、可愛い(カッコイイ)素材も使うことが出来るし、デザイン性に優れたテンプレートも利用することが出来ます。そのため、ストーリー仕立てにすることも可能だし、自分で好きなように組み合わせて凝った作りにすることも可能です。

写真データ(デジカメ画像)を持っている方限定となってしまいますが、自分で自由に編集でき、気軽に写真集を作れるというフォトブックサービスは、思い出を残す方法としてかなり優れているのではないかと思います。お勧めなので、興味がある方は是非ともチャレンジしてみてくださいね!

実際、管理人もお出掛けした時の色々な写真をフォトブックにまとめています。後から見返すと「あー、こんなこともあったな・・」と、当時の状況に浸ることができるので、フォトブックはかなり好きです。PC内で写真を見るよりも、自分が苦労して作ったフォトブックで見る方が「味」があって全然良いです♪これで酒呑めますよ、ホント。

フォトブックサービスはたくさんありますが、選ぶ基準は当ブログでも解説しています。是非ともご活用してくださいませ。
初めてフォトブックを作る方へ
フォトブック比較一覧 おすすめランキング情報
目的別・状況別でのおすすめフォトブック情報

写真データを持っていない方へ

写真データ(デジカメ画像)がないという方でも、写真そのものやネガを持っている場合は「カメラのキタムラ」などの専門店でフォトブックにすることも可能のようです。

詳しくはお近くの店舗を訪ねるか、電話で聞いてみることをお勧めします。私はこのパターンで作ったことがないため、詳しいことが分かりませんので・・。

店舗検索|カメラのキタムラ・こども写真館スタジオマリオ

Pocket
LINEで送る