Pocket
LINEで送る

このページではインクナビとインク革命を色々と比較しています。

印刷の綺麗さ、価格、サービス内容などを比べていますので、どちらが良いか迷っている方は是非とも参考にしてください。

※ 互換インクは価格は安いですが、故障や不具合などのリスクは純正品よりも高くなると思います。利用する場合は自己責任でお願いします。

価格を比較

インクナビ インク革命
キャノン
BCL-355ブラック
特大容量
1,934円 900円
キャノン
BCL-351+350(6色セット)
大容量
2,760円 3,760円
エプソン
IC92L(4色セット)
大容量
6,900円 12,000円
エプソン
IC90L(4色セット)
大容量
3,300円 6,900円
ブラザー
LC119-115(4色セット)
2,980円(容量表記なし) 4,200円(大容量)
ブラザー
LC117-115(4色セット)
3,480円(容量表記なし) 3,700円(大容量)

インクナビの方がだいぶ安い結果となっています。価格面ではインクナビが上ですね。

サービス内容を比較

インクナビ インク革命
保証 1年間のインク保証 1年間のインク保証
1年間のプリンター本体保証
送料 メール便:334円
宅配便:622円~1,434円
5,000円以上で送料無料
432円~1,260円
3,000円以上で送料無料
お届け日数 最短翌日配達(九州~静岡)
それ以外の地域は3日目・4日目配達
最短当日お届け(関東・関西)
それ以外の地域は翌日~にお届け
代引き手数料 324円~648円(合計価格で変動) 432円
5,000円以上で代引手数料が無料

インク革命は1年間のプリンター保証も付いており、さらに3,000円以上から送料無料になるのがありがたいです。

また、インク革命は5,000円以上から代引き手数料になるので、ネットでクレジットカードを使いたくないという方はこちらにしておくと良いでしょう。

サービス内容はインク革命の方が上という感じですね。

印刷の綺麗さを比較

最後に印刷の綺麗さについて比較します。やはり安さに加えて色合いの良さ・綺麗さが加わってはじめて優れた互換インクと言えるので、どれくらい綺麗に仕上がるかは非常に重要なポイントとなります。

キャノンのBCI-351+350(6色)の互換インク

【黒文字を比較】

互換品04 インク革命04

左がインクナビ、右がインク革命です。あまり変わらないですが、インク革命の方が黒が濃いですね。

【カラー写真を比較】

インクナビ03 インク革命03

インクナビ05 インク革命05

左がインクナビ、右がインク革命です。カラーにすると圧倒的にインク革命の方が鮮明で綺麗です。

まだCANONのBCI-351+350(6色)でしか比較できていませんが、これ1つだけを見ると断然インク革命の方がいい色合いを出しているという結果になりました。

ちなみに純正品との比較はそれぞれ以下のページでやっています。興味がある方はチェックしてみてください。
インクナビと純正インクの比較
インク革命と純正インクの比較

結果考察

  • 価格の安さを求めるならインクナビ
  • カラー印刷の質を求めるならインク革命

こんな結果となりました。

カラー印刷をあまりしないのであれば、コスト的にインクナビを使うのが良さそうです。この安さはかなり魅力があります。

逆にカラー印刷を頻繁に行う方で、ある程度の質(綺麗さ)を求めるのであれば、インク革命にしておく方が無難と言えます。

インク革命のカラー写真はやはり純正インクよりも落ちるものの、パッと見は遜色ないほどの綺麗な仕上がりになってくれます。互換インクとしての品質を求めるなら、インク革命の方が良さそうです。

ただ、現状ではこのページはキャノンのBCI-351+350(6色)の互換インクしか比較できていないので、元ネタが圧倒的に足りていないのが現状です。もしかしたら他の種類のインクではカラーの仕上がり品質が逆になるという可能性もありますので、今回の結果は参考程度に見てもらった方がいいかも知れません。

今後いつになるか分かりませんが、機会があれば他のインクでも比較してみようと思います。それまではキャノンのBCI-351+350(6色)のみの結果ということを念頭においていただけたらと思います。

最後になりますが、互換インクは価格は安いですが、故障や不具合などのリスクは純正品よりも高くなると思います。利用する場合は自己責任でお願いします。

インクナビ公式サイトはこちらから
激安インク販売の【インクナビ】送料無料。

インク革命公式サイトはこちらから
【インク革命.com】

Pocket
LINEで送る