Pocket
LINEで送る

結局のところ、フォトブックってどの会社が一番画質が良いの?

という疑問から開始した企画がこちら「フォトブックの画質比較を徹底的にやってみた」です。

この企画は同一写真を使って各会社のフォトブックを作り、純粋に画質の良さを比較するというものです。同じコンテンツのフォトブックをたくさん作るので、無駄だし面倒だしお金もかかります。こんなことは他の人はまずやらないだろうと思います。

しかし、実際にフォトブックを作ってみると、写真が違ってしまうとどちらの画質が良いのかを正確に比較するのは結構難しいのです。その現実に対抗すべく、すべてのフォトブックを同じ写真を使って作り、画質を比較するというマニアックじゃないと出来ないような企画を、管理人「taka」がやってしまっているのです。ええ、多分私はマニアックなんでしょう。遠慮なく褒めてください(´・ω・`)

とりあえず、お金はけっこうかかってます(泣)が、けっこういい感じに比較できたなというのが正直なところです。お目当ての○○フォトブックの画質って、どんな感じなんだろうなぁ・・という疑問を持っている方は、是非ともこのページを参考にしていただけたらと思います。

また、ページの最後に結論を述べていますので、良ければそこまで見ていってください。個人的には、かなり衝撃の展開になったな・・という感想です。
画質比較の結論はコチラからも見れます。是非とも追記まで見ていってください。

第1回【2014年10月】

比較の材料

【写真撮影に使用したカメラ】
iPhone5s

出来上がったフォトブックの撮影に使ったのもiPhone5sです。

【比較に使ったフォトブック】
MyBook、デパ帳、フエルフォトブック、フォトレボ、vivipri、cocoal、らくらくフォトブック、フジフォト、フジフイルム(印刷仕上げ)、ドリームページ、楽天写真館、しまうまプリント、カメラのキタムラ、デジプリ、オンランラボ、ネットプリントジャパン

比較元の写真

hikaku01

hikaku02

hikaku03

各フォトブックサービスの画質

※ 写真はクリックすると拡大するようになっています。

【MyBook】

【デパ帳】

【フエルフォトブック】

【フォトレボ】

【vivipri】

【cocoal】

【らくらくフォトブック】

【フジフォト】

【フジフイルム(印刷仕上げ)】

【ドリームページ】

【楽天写真館】

【しまうまプリント】

【カメラのキタムラ】

【デジプリ】

【オンラインラボ】

【ネットプリントジャパン(印刷仕上げ)】

【ネットプリントジャパン(写真仕上げ)】


結論

うーむ、何て言えばいいのやら・・。

とりあえず、一つだけ分かったことがあります。

それは、結構苦労して画質比較をしたにも関わらず、画質の良さはどの会社もほぼ大差ないということが判明してしまったことです。

管理人もビックリの事実(笑) 何かの間違いだと思いたいんですが、何度見比べてみても本当にほぼ同じくらいの良さなんですよね、これ・・。

比較のためにわざわざ同じ写真を使ってお金をだしてフォトブックを作り、さあこれで良い画質の会社が判明するぞ・・と思っていたのですが、まさかのほぼ横一線でした。

もしかしたら拡大鏡などで見ればもっと違いが分かるのかも知れませんが、肉眼で見る限りでは大きな違いは感じられませんでしたね。(2014年11月3日に5倍のルーペで調べてみました。結果は追記に載せていますので、是非ともそこまで見ていってください。)

いやー、どの会社もやりますね。凄いですね。これまでデパ帳ばっかり褒めていて本当にスミマセンでした・・。

今回のこの結果は、そこそこの画素数を持っているiPhone5sのカメラで撮り、同じ写真で比較してみたからこそ分かったことなのかも知れません。以前までは安物のコンデジ、そして別の写真で比べていたため、どうやっても正確には比較できませんでしたので。

ただ、そんな横一線の中でも、デパ帳とフエルフォトブック、そしてドリームページ、ネットプリントジャパンの高画質写真タイプは特に良いなと感じられました。これはおそらく画質だけでなく、紙質と加工の質がとても良く、仕上がり品質が凄く私の好みだったのが影響していると思われます。

個人的な意見になりますが、デパ帳、フエルフォトブック、ドリームページ、ネットプリントジャパンの高画質写真タイプの4つはフォトブックとしての仕上がり品質の完成度(というか魅力?)が高いと思います。

【4つの公式サイトはこちら】
大切な思い出は『デパ帳』で高品質スーパーHDフォトブックに!
フエルフォトブック
みんなの本づくりサイト「DreamPages」
ネットプリントジャパン

で、画質が良いと思っていた銀塩写真(vivipri、らくらくフォトブック、フジフォト)に関してですが、確かに良い画質をしていました。が、フジフイルムやMyBook、楽天写真館などの他のフォトブックも正直言ってそこまで差がないくらい良い画質をしていたので、銀塩だからと言って特別に良い画質をしているという訳でもなさそうです。

まあ、でも全体的にほとんど差はありませんので、画質の良さは気にせずにテンプレートの質や価格、仕上がり品質を重要視して選ぶ方が良さそうです。

以上、『フォトブック選びの際に画質はあまり気にしなくて良い』ということが分かった今回の企画でした。ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます!

※ デジプリは全体的に画質の色が暗いため、ドットが目立つように見えてしまうかも知れません。

次回は一眼レフなどの高画質カメラで撮った写真でフォトブックを作った場合、どのくらいまで良い画質が作れるのかを検証してみたいですね。市販の写真集並みのフォトブックが作れる日も近いような気がしますので、まだまだフォトブックから目が離せませんね。

追記:5倍のルーペでチェックしてみた結果

ほぼ大差ないという自分が出した結果に何か納得がいかず、近所のビバホームで5倍のルーペを500円ちょっとで購入し、改めて画質のチェックをしてみました。

その結果、肉眼ではほとんど分からなかったドットの有り無しが見えるようになり、より細かい判断が出来るようになりました。

結果をまとめるとこうなります。

ドットがない デパ帳
らくらくフォトブック
vivipri
フジフォト
ネットプリントジャパン(写真タイプ)
ドットはあるが
何故か綺麗に見える
フエルフォトブック
ドリームページ
ドットがある MyBook
フォトレボ
cocoal
フジフイルム(印刷仕上げ)
楽天写真館
しまうまプリント
オンランラボ(印刷仕上げ)
ネットプリントジャパン(印刷仕上げ)
ドットがある
そして色が暗い
デジプリ

銀塩写真で作られているらくらくフォトブック、vivipri、フジフォトはさすがにドットがなく、5倍に拡大しても綺麗でした。そしてデパ帳も銀塩写真ではないにも関わらず、ドットがありませんでした。

そしてネットプリントジャパンの「高画質写真タイプ」も、ドットがなくてとても綺麗でした。ただ、デパ帳や他の銀塩フォトブックに比べると若干画質が粗い所も見られました。ですが、ネットプリントジャパンは高画質写真タイプでも群を抜いて安いため、この画質でも十分に満足度を味わわせてくれます。

また、フエルフォトブックとドリームページに関してはドットは見えるのですが本文が光沢加工されているためか、「何故か良く見えてしまう・・」と感じてしまう何かがありました。ちょっと抽象的で申し訳ないのですが、多分上でも言っているように私の好みが影響していると思われます。

そしてそれ以外(MyBookやフジフイルム、cocoalなど)に関しては、5倍ルーペで見るとドットがハッキリ分かるという結果になりました。

ただ、これも上でも言っている通り、肉眼ではほぼ大差ないと感じているのは事実です。なので、あえて点数を付けるとすると、(肉眼で見た場合の)デパ帳たちの画質が10点だとしたら、フエルフォトブックとドリームページも限りなく10点近くはあると思いますし、MyBookたちも9.5点、もしくは9点くらいという僅差にしかならないと感じられます。

※ デジプリは全体的に暗めのため、もう少し点は低いかも知れません。

また、フエルフォトブックやドリームページに関しても、あくまで光沢加工好きという私の好みが影響しているかも知れませんので、他の人が見たらまた違った評価になる可能性もあります。人によって、良いと感じる部分は異なると思いますので、今回の私の見解も一意見として捉えて貰った方がありがたいですね。

そしてそれらを踏まえた個人的見解を示すとするなら、「とにかく画質が最高のところが良い!」という方や「ドットはどうしても気になるから嫌!」という方ならデパ帳、らくらくフォトブック、vivipri、フジフォト、ネットプリントジャパン(高画質写真タイプ)を、そうでないならば画質はどこも大差ないので、価格やテンプレートの質、仕上がり品質などで決めた方がいいかと思われます。

そんな感じですかね。・・ふう、疲れた、ホントに。

あ、あと一つ言っておくと、スマホや一眼レフなどの良いカメラで撮った写真で作るとドットは気にならないレベルまで行くのかな~と感じられます。あ、これも経験上の意見なので、絶対そうだとも言えないのですが(´・ω・`)

Pocket
LINEで送る