Pocket
LINEで送る

このページでは「MyBook」と「ドリームページ」を様々な角度から比較していきます。

「どちらを使えば良いか分からず、迷っている」
「自分の目的にバッチリ合っている方を使いたい」
「分かりやすい比較情報が欲しい」

といった悩みを持っている方に向けて、実際に両方使っている私が、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。参考になれば幸いです。

比較開始

●仕上がりの品質はどっちが良いの?

【MyBookの加工】
表紙/光沢ラミネート加工
本文/ニス加工

【ドリームページ】
表紙のみ/マットラミネート加工

このことから見ても、仕上がりの品質はMyBookの方が優れていると言えます。しっかりと加工されている分、MyBookの方が長期保存にも向いているでしょう。

両方とも印画紙出力ではなく、最新式のオンデマンド印刷です。触り心地が良く、薄い紙質が特徴です。両社とも同じくらいの画質を持っていますが、個人的にはMyBookの方が若干良いのかなと思っています。

ただ、ドリームページは本のような表紙カバーが付いていますので、写真集のような形になっています。

●フォトブックの種類とサイズは?

ドリームページはフォトブック作成会社の中でも、特に作成できる種類・サイズが少ないです。しかも種類によって作れるページ数が決まってしまいます。

例えば、「スタンダード」を作りたい時は40Pのものしか作れない・・といった感じです。

自分の要望に合ったサイズで、ページ数もピッタリ合いそうな場合だったら良いのですが、そうでない場合は無理して使う必要はないと言えるくらい、自由度が少ないです。

逆にMyBookは程よく種類・サイズが揃っています。

●ページ数は自由に変えられる?

先に挙げたとおり、ドリームページは自由にページ数を指定することが出来ません。フォトブックの種類により、ページ数が決まっています。これは非常に不自由だと言わざるを得ません。

「MyBook」はある程度自由はあるものの、細かいページ数の指定が出来ません。10Pの次は20P、20Pの次は30Pになってしまいます。管理人が、唯一MyBookで残念だと思っているところです。

デザインをある程度で良いという場合でしたら、「かんたんMyBook」が一番細かくページ数の指定ができます。2P単位で追加が可能です。(かんたんMyBookはとても簡単に作れる分、デザイン面で凝った作りにすることが出来ません。)

●安いのはどっち?

ドリームページの方が全体的に安い価格設定となっています。

●ソフトのダウンロードって必要なの?

「MyBook」は「MyBookEditor」という無料のソフトをダウンロードしてフォトブックを作成します。操作はパソコンに慣れている方なら問題ないと思いますが、パソコン初心者の方には少しハードルが高い可能性があります。(かんたんMyBookはダウンロードの必要なし)

ドリームページのフォトブックはweb上で作れるため、何かソフトをダウンロードする必要はありません。

●どっちの方が簡単に作れるの?

ドリームページは、私が作ってきた中でも特に簡単にフォトブックを作ることが出来ます。その分、デザイン性を期待することは出来ませんが、簡単に素早く作りたいという方には非常に満足できるサービスと言えるでしょう。

かんたんMyBookも似た様な簡易さがありますが、管理人の個人的意見としてはドリームページの方が簡単だと思いました。

MyBookはデザイン性能はトップクラスで良いですが、ソフトをダウンロードする必要があり、操作も初めは少し難しく感じる可能性があります。

●デザインセンスを活かせられるのは?

間違いなくMyBookです。提供しているサービスが全く違うと言えます。

ドリームページは簡単に作れるのは良いのですが、デザインセンスを活かすことはほとんど出来ません。自由に使えるテンプレートすらないので、単調な作りとなってしまいます。

デザインするのが好きな方、結婚式やハネムーンなどの大切なフォトブックを作ろうとしている方は、MyBookにしておいた方が良いでしょう。(かんたんMyBookだと細かいデザインはできません)

●イベントや状況別でのおすすめは?

  • 結婚式、ハネムーン⇒MyBook
  • 子供の成長記録⇒将来的な保存の面を考えるとMyBookで
  • 旅行の思い出⇒通常はMyBookで。サイズとページ数が合えばドリームページも有り(安いし)
  • 大切な人へのプレゼント⇒MyBook
  • 学校・サークルのイベント⇒通常はMyBookで。サイズとページ数が合えばドリームページも有り(安いし)
  • 卒業式⇒将来的な保存の面を考えるとMyBookで
  • お爺ちゃん、お婆ちゃんへのプレゼント⇒MyBook


管理人の好みで選んでいます。

まとめ

ドリームページは作成方法が非常に簡単でありながら、本文の加工がない点や、サイズに対するページ数を自由に選べないという点が大きなデメリットになっていると感じます。

確かにドリームページの方がお値段は安めですが、管理人が通常使うとしたらMyBookにすると思います。せっかくフォトブックを作るというのですから、やはりしっかり長持ちするように加工されているものや、サイズとページ数をある程度自由に選択できる方を選んでしまいます。

また、結婚式やハネムーン、プレゼント用などのデザイン面を重視する時には、MyBookにするべきですね。
ドリームページは、簡単に素早く作ろうとしている時で、サイズとページ数がピッタリ合った場合に作るのが良いでしょう。旅行時の思い出や、サークルのイベント用などで作るのが良いと思います。

これが私の見方、比較です。

今回のMyBookとドリームページの比較、ここらへんで終わらせていただきます。当サイト内ではそれぞれの特徴や魅力・欠点などを考察しているページもあります。良ければそちらも参考にしてください。
MyBookの特徴と魅力、欠点
ドリームページの特徴と魅力、欠点

参考になれば幸いです。

公式HPはこちらから入れます。
MyBook
みんなの本づくりサイト「DreamPages」

Pocket
LINEで送る