Pocket
LINEで送る

MyBookやカメラのキタムラなどでは、フォトブックの作成方法として

  • ソフトをダウンロードして作る
  • web上でそのまま作る

この2つの方法を用意しています。他のフォトブック作成会社でも、ほとんどこの2つ内のどちらか一つは採用しています。

ということは、自然と疑問が一つ出てくると思います。

私はどちらで作れば良いのだろう・・?

その疑問を解決すべく、このページでは、「どんな方が」「どのような状況の時に」「どちらを使えばいいのか?」を検討していきたいと思います。参考になれば幸いです。

ソフトをダウンロードして作る場合

初めに、ソフトをダウンロードして作る場合のメリットとデメリットを挙げていきたいと思います。

◆◆ メリット ◆◆

  1. デザイン作成機能が高い
  2. 慣れれば自由度の高い編集ができる
  3. データ保存に期限がない

◆◆ デメリット ◆◆

  1. ソフトをダウンロードする手間がかかる
  2. パソコンに負荷がかかる
  3. 操作に慣れるまで時間がかかる

ソフトをダウンロードする形式では「MyBook」「富士フィルム」がお勧めです。定期的にフォトブックを作る予定の方、デザインに凝りたい方、パソコンに少しでも慣れている方は、ダウンロード形式をお勧めします。

初めこそ使いにくいと感じるかも知れませんが、慣れると本当にサクサク作れるようになります。デザイン性能も高く、写真集に近い出来上がりにまですることも可能です。簡単なものから難しいものまで、幅広いフォトブックを作ることが出来るのがダウンロード版です。

結婚式、ハネムーン、大切な人へのプレゼントのフォトブック作りの時には、出来るだけダウンロード版で作りたいものです。

ちなみに管理人が主に使っているのもダウンロード版です。

web上で作る場合

お次に、何もダウンロードせずに、web上で作る場合のメリットとデメリットを挙げていきたいと思います。

◆◆ メリット ◆◆

  1. パソコンに負荷を掛けることがない
  2. 作成がとても簡単なので、パソコンに慣れていない人でも作りやすい

◆◆ デメリット ◆◆

  1. 長期保存が出来ない場合がある
  2. デザイン性能が低く、凝った仕上がりに出来ない

web上で作れるサービスも数多くあります。「かんたんMyBook」「フエルフォトブック」「AutoAlbum」「「富士フィルム(簡単作成タイプ)」」など(この4つはお勧めのサービス)。余計なものをダウンロードしたくない方や、パソコンに慣れていない方、デザインはテンプレートを使えば十分と思っている方には、web上で作成する方をお勧めします。

初めのうちから比較的簡単に作れるため、すぐに完成までたどり着くことが出来るでしょう。2~3時間で作れると思います。ただし、デザイン性能に欠ける場合が多く、オリジナリティの面で満足いく仕上がりにはなりにくいのは避けられません。

結婚式やハネムーン、大切な人へのプレゼントの時には、Web上での作成はあまりお勧めできません。ダウンロード版をお勧めします。

逆に子供の成長記録や旅行の思い出のフォトブックを作りたい時で、簡単にすぐ作りたいという場合でしたら、web上で作る方がお勧めです。

Pocket
LINEで送る