Pocket
LINEで送る

このページのランキング情報は2012年2月時点のものであり、最新の情報を含んでいません。現在の最新お勧め情報は以下のリンク先にまとめていますので、そちらをご覧ください。
最新!お勧めフォトブック一覧(結婚式、卒業式、プレゼント用、スマートフォンなど)

自分たちで楽しんで作れて、生徒たちのパソコン学習にもなるフォトブック作り。今、卒業アルバムをフォトブックで作る学校が増えています。安上がりで作れるのが大きな要因だと思いますが、ソフトを使って自分たちで好きに作れるので、「生徒それぞれ表紙を変えて作ったオリジナルの卒業アルバム」を1冊ずつ注文できるというのも大きな魅力です。自分が表紙って、主人公みたいで嬉しいですね。親御さんも喜んでくれるし、一生の思い出になりそうです。

ここでは、卒業アルバム・卒園アルバムをフォトブックで作りたいと思っている方に向けて、色々なパターンでの最適の会社を紹介しています(管理人の独自評価)。

  1. デザイン性能が高く、先生も生徒も楽しく作れる
  2. 簡単に作れるけども、仕上がりが良い
  3. 割引多く、安く注文できる

この3つの状況での最適なフォトブックを選びました。ぜひとも参考にしてください。
各会社のサービス変更のたびに常に情報は更新しているので、このページの内容も合わせて変わっていきます。なので「前回見た時とランキングが違う」ということがあることをご了承ください。

【その.1】自分たちで楽しく作れて、画質・品質も良い「MyBook」

 MyBook 

マイブックイメージ写真

【管理人の考察】
卒業アルバムをフォトブックで作成する際に、『自分たちで創意工夫を凝らして、オリジナリティ溢れるフォトブックを作りたい』という想いに応えてくれる会社がMyBookです。そのデザイン性能はフォトブック会社の中でも頭一つ抜けており、卒業アルバムのような「凝った作り」にしたい場合には最適な会社となるでしょう。画質・品質のレベルも高く、写真集のような作りに仕上げられるのも大きな魅力。業者よりも良い点は『低価格』で『納期が早い(約10日前後)』という点でしょう。さらに生徒が自分たちで作る場合でも、MyBookの操作性の良さとデザイン性の高さなら、楽しみながらも素晴らしいオリジナル卒業アルバムが完成することでしょう。親御さんにとっても、一生の思い出になると思います。生徒ごとにアルバムを作った場合でも、1冊から注文できるので安心です。

【備考】
・デザインを凝って作りたい場合にお勧め
・卒業式・卒園式用なら『MyBookDX 263T(263×186mm)』この辺りがおすすめ。(こちらのページも参考に)
・MyBookDX 263T(263×186mm) 20Pで4,725円
・デザイン性能が高いので、オリジナルの工夫を凝らして自分だけの特徴を出せる
・マイブック公式マニュアル「写真集制作講座」もあるので、作成時に躓く心配はなし
・パソコン操作が苦手な方や、簡単に作りたい人向けに「かんたんMyBook」もある
・通常の印刷タイプのみ。より高画質の「印画紙出力」のサービスはやってないですが、十分な画質を持っています
・ソフトをダウンロードして作るタイプ

【作成はこちらから】
MyBook
マイブックの作り方

【MyBook徹底検証】
MyBook(アスカネット)の特徴と魅力、欠点

【その.2】銀塩+印画紙で画質の良さにこだわりたい!簡単作成も出来る「フジフイルム」

 フジフイルム 

富士フィルムイメージ写真

【管理人の考察】
フジフイルムでもかなり質の高いフォトブックが作れるため、卒業・卒園アルバムでは検討したい会社の一つ。品質や価格面ではMyBookとほぼ変わりはありませんが、『デザイン性能は劣るが、より簡単に作れる』ことと『印画紙出力もある』のが異なる点です。印画紙出力は「フォトブックハードカバー」で適用されている仕様です。写真と同じように細かいところまで描写してくれるのが特徴で、より高画質を求める方に向いています。通常のフォトブックの質もかなり良いので、大切なフォトブック作りの際に利用したいと思える会社となるでしょう。ただし、デザイン性能はMyBookの方が良いと思えるので、卒業・卒園アルバムでの選択ポイントは『高画質・高品質』となります。

【備考】
・画質の良さを求める方におすすめ。
・卒業式・卒園式用なら『フォトブックハードカバー 印画紙出力 185×185mmまたは205×145mm』か、『フォトブックデザイン ハードカバー 250×176㎜』この辺りがおすすめ
・フォトブックデザイン ハードカバー 250×176㎜ 24Pで5,080円
・通常の印刷出力である「オンデマンド印刷」もMyBookと同等に質が良い
・パソコン操作が苦手な方や、簡単に作りたい人向けに「簡単作成タイプ」がある
・パソコンを持っていない方は、お近くの店舗でも作れる

【簡単作成タイプで作る(ソフトのダウンロード無し)】フォトブックデザイン簡単作成タイプ

【ソフトをダウンロードして作る】
注文ソフト概要|フジフイルム

【フジフイルム徹底検証】
富士フィルムの特徴と魅力、欠点

【その.3】仕上がり品質が素晴らしい!価格も安い「フエルフォトブック」

 フエルフォトブック 

フエルフォトブックイメージ写真

【管理人の考察】
卒業アルバムの作成を応援しており、お得な割引キャンペーンを数多く打ち出しているのがフエルフォトブックです。魅力は「低価格」、「簡単に作れる」、「仕上がりの紙質・加工の品質が最高レベル」ということが挙げられます。フォトブック自体の品質は当サイトでも満点の評価を得ているところなので間違いないです。その反面、「デザイン性能が低い」、「作成時の反応が遅い時がある」のがマイナス面といえます。特に作成時の反応の遅さは致命的になりがちですが、昼間であれば比較的スムーズに反応すると思います。なので、作成を授業に組み込むことも出来る・・かもしれません。凝ったデザインには出来ないですが、シンプルなデザインで良いのであればかなりお勧めのフォトブック会社です。フォトバインダーも検討の価値あり!

【備考】
・簡単作成と品質の良さを求める方にお勧め
・卒業式・卒園式用なら『ハードカバー 296×210mmまたは210×210mm』この辺りがおすすめ
・ハードカバー 296×210mm 20Pで6,195円(卒業式用に割引もあり)
・1冊ずつではなく、まとめて発注する方が割引が適用される
・デザイン性能は高くありませんが、その分簡単に作れる
・夜だと本当にソフトの反応が遅すぎる時があります。作成は昼間がベスト
・web上で作れる(ソフトのダウンロードは無し)

【作成はこちらから】
フエルフォトブック

【フエルフォトブック徹底検証】
フエルフォトブックの特徴と魅力、欠点

まとめ、追記、つぶやきなど

画質を求めたい方向けに銀塩にも対応している「フジフイルム」を紹介していますが、銀塩印刷で印画紙出力をやっている会社は他にもあります。代表的なところだとP-Book らくらくフォトブックフジフォト、vivipriもあります。

今後、ここの情報は色々と増える予定です。

他にも「この状況の時のお勧めってどこ?」という質問があれば、遠慮なくこのページのコメントかお問い合わせより連絡してください。管理人の選択で良ければ、可能な限りお答えします。

Pocket
LINEで送る