Pocket
LINEで送る

5冊目のフォトブックはドリームページで実家の思い出特集を作りました。

管理人は高校卒業までは実家の群馬で過ごしていました。今は年に数回しか帰らなくなりましたが、保育園・小学校・中学校などの思い出はたまーに懐かしく感じていたので、こないだの正月に実家に帰った時に写真を撮ってきて、フォトブックにすることにしたという訳です。

今回は「ドリームページ」で作ったので、届いた商品の質や、作ってみた感想などをレポートしたいと思います。

ドリームページを作ってみた感想

ダウンロードソフトは一切不要で、ドリームページ内で全て作れました。その操作の容易なこと容易なこと・・。おそらく、今まで作ってきたフォトブックの中で最も簡単に作れたのではないか?と思えてしまうほどです。その分、デザイン性については「ある程度」しかできませんので、「凝ったデザインで作りたい!」と思っている方には向いていないなと感じました。

作ったフォトブックは、注文から一週間ほどで到着しました。表紙カバーが付けられており、本のように製本されているので、一見すると写真集のように見えるのがとても魅力的に感じられました。その代わり、保存に便利な「半透明カバー」などの他のカバーは付いていないのが痛いところでしょうか。

dreampages写真01

表紙カバーだけで、けっこう雰囲気変わってくるんですね!これは他のフォトブック作成会社ではあまり見かけない、面白い形だなと思いましたね。より写真集に近い製本を求める方にはお勧めです。

画質については、パッと見た限りでは違和感がないです。画質に疎い私のような場合、何も気にしないで見る分には十分満足の仕上がりと言えるかも知れません。ただし、よく見てみると粗い写真があったり、ドットがハッキリと見えてしまうような写真もありました。

dreampages写真02

山の写真をフォトブックに加えましたが、ちょっとドットが目立ちすぎですね・・。

これは私のデジカメ性能にが良くなかったということが挙げられますが、かなり写真の質によって影響を受けるんだなということが分かりました。より良い画質で作りたい場合は、サイズ大きめでブレの無い写真を用意しないといけません。まあ、これはドリームページだけでなく、フォトブック作成全般に言えることですが。

画質面での仕上がりは、MyBookと同等か、もしくはMyBookの方が少し上かなという印象です。

お次は品質について

表紙には「マットラミネート加工」が施されていますが、本文への加工はないです。

dreampages写真03 dreampages写真04

ですが本文自体がかなり質の良い紙で作られているので、少し触っただけでは加工してあるのだと勘違いしてしまうほどの質感と触り心地です。違和感は感じないでしたね。

ただし、保存の面を考えると、本文が加工されていないのは考え物です。長期保存するためには、あまり触りすぎないように気を付けないといけません。小さい子供のいるご家庭では、簡単に手にできるような場所に保管しないようにしましょう。

フォトブックの価格は安い方ですので、「簡単に安くフォトブックを作りたい!」という場合にお勧めできますね。

今回注文した内容

  • ドリームページのweb上で作成
  • ポータブル
  • ソフトカバー
  • 144×108mm
  • ページ数20P
  • 写真25枚使用
  • 白で作成
  • 注文から約一週間後にメール便で到着

このスペックで1,180円(メール便160円をプラスして1,340円)でした。クレジットカード決済は手数料無料。代金引換は手数料315円かかります。私はクレジット決済を選びました。

宅配便 525円(税込)[配送先1箇所につき]
メール便 160円(税込)[配送先1箇所につき]

今回作成した「ドリームページ」は普通の本のようなフォトブックを安く・簡単に作れる会社です。ただし、デザイン・ページ数・種類の幅が非常に狭く、自由に作れないと感じることも多い会社です。自分だけの旅行の思い出など、簡単に安くフォトブックを作りたい時にはお勧めです。ご興味がある方は、ぜひ会社紹介ページもご覧になってみてください。

他にも最新!お勧めフォトブック一覧(結婚式、卒業式、プレゼント用、スマートフォンなど)のページも用意していますので、どの会社で作ろうか迷っている方は、ぜひとも見ていってください。フォトブック選びのお手伝いをさせていただいているページです。

▼ドリームページ公式サイトはこちら
みんなの本づくりサイト「DreamPages」

Pocket
LINEで送る