Pocket
LINEで送る

22冊目のフォトブックはcocoalで作りました。

cocoalは前々から気になっていたフォトブックの一つではありますが、他の会社で作る機会が多かったため、なかなか手を付けることが出来ませんでした。

ですが、この度ようやく作ってみましたので、恒例のレビューを書いてみようかと思います。

作るのが凄く簡単だったcocoalのフォトブック

今回初めてcocoalでフォトブックを作ってみたのですが、かなり簡単で、そしてスムーズに最後の注文までたどり着くことが出来ました。

この簡単さはフォトブック会社の中でもトップクラスだと感じます。パソコン操作が苦手な方や、余計な手間を増やさずにフォトブックを作りたいという方には最適かも知れません。

簡単・スムーズに感じさせてくれた理由として、作る時にそれぞれの工程で「ワンポイント解説」が表示されることが挙げられます。誰かが躓くかもしれないというポイントに優しい解説が出てくるので、凄く分かりやすくなっています。

001

こんな感じで、解説を元にしてどんどん作成していけます。初心者に優しいフォトブックというイメージがしますね。

ただ、逆にデザインおよび編集機能、ページ数の選択肢、フォトブックのサイズの自由度はあまりないため、自分の希望するイメージに近付けられない可能性も出てきます。「うーん、ちょっと違うなぁ」と感じたら、別のところを選ぶ必要が出てくるでしょうね。

ただ、cocoalはフォトブックの価格が非常に安い(MyBookの半額近い)ので、そこに魅力を感じる方がとても多いのではないかと思います。

ではでは、ここらへんでcocoalフォトブックの画質や紙質なんかをチェックしてみます。安い価格に対し、品質はどんな感じなのか、詳しく見てみたいと思います。

画質をチェック

到着時は段ボールのケースに入っていました。

007

008

cocoalは基本ハードカバーなので保存の面で問題はなさそうですが、より大切に保存しておきたい場合はこの段ボールケースに入れて取っておくのが良いでしょう。

画質はこんな感じです。

012

014

ふむふむ・・

015

016

018

なるほどですね~。

フォトブックの中では、画質は悪くない方だと思います。アップで撮った桜の写真など、けっこう鮮明に反映してるかな感じました。安い価格なのに、この画質の良さは嬉しいですね。

ただ、基本的にcocoalのフォトブックは大き目サイズの2種類しかないため、ぶれてたり解像度の低い写真を使うと見栄えがかなり悪くなるかなぁという印象を受けました。

cocoalだけでなくフォトブック全体に言えることですが、カメラは少しでも良いモノを使いたいところですね・・。

とりあえず、値段の割には良い画質をしているというが正直な意見です。

紙質をチェック

お次は紙質をチェック

013

ふむ・・。

ツルツルしすぎず、光を反射しすぎることもなく、あくまで控えめな触り心地ですが、しっかりと加工されている感じがします。

触り心地としてはMyBookに近い感触です。個人的な好みで言わせてもらうと、けっこう好きな部類に入ります。この安い価格でこの紙質、仕事してくれているという感じがします。

今回注文した内容

  • フォトブック ワイド(21×28cm)
  • ハードカバー
  • ページ数20P
  • 写真26枚使用
  • 注文から10日で到着
  • クレジットカード支払い(支払方法はこれのみ)

これで税込3,888円(送料216円)でした。ただし、今回はクーポンをいただいたため、送料のみの216円で注文させていただきました。感謝!

cocoalに興味がある方は、ぜひ会社紹介ページをご覧になってみてください。

他にも最新!お勧めフォトブック一覧(結婚式、卒業式、プレゼント用、スマートフォンなど)のページも用意していますので、どの会社で作ろうか迷っている方は、ぜひとも見ていってください。フォトブック選びのお手伝いをさせていただいているページです。

Pocket
LINEで送る