Pocket
LINEで送る

4冊目のフォトブックはフジフィルムで作りました。

フジフィルムは注文してから到着まで14日掛かるとのことなので、商品を手にするまで随分と待たされたような気がします。他の所だと大抵一週間が相場ですからね。

到着の頃には、作ったことを若干忘れていたくらいになっていましたが、無事に届けてくれました。結局11日後に届いてくれたので、3日早い到着でした。

フジフィルムで作ってみた感想

富士フィルムのフォトブック写真01

布の袋に入っての到着です。やはり、MyBookのように半透明ブックケースに入っていた方が保存しやすいですが、これは各会社の方針なのでしょうがないですね。

では、早速フォトブックを見てみます。

富士フィルムのフォトブック写真02

表紙の画質、品質は悪くありませんが、印刷タイプなのであまり触ると劣化が早まりそうな気がします。ただ、本文含めてマットラミネート加工が施されているので、耐久性は強くなっているはず。

富士フィルムのフォトブック写真03 富士フィルムのフォトブック写真04

本文です。印刷出力ですが、品質は予想外に悪くないと思います。

富士フィルムのフォトブック写真05

写真の画質もかなり良いと思います。なんでしょう、良い意味で裏切られたような気がします。フジフィルムのフォトブック、意外なほど良いかも知れない。

富士フィルムのフォトブック写真06

背表紙も入れられる、しっかりとした製本仕上げ。

個人的にはMyBookの方が表紙・本文共に品質が良いような感じがします。ただし、これは加工方法の差でしかなく、人によってはフジフィルムの方が良いという場合も多いと思います。

写真の画質はMyBookと比べても文句ありません。かなりの満足度です。フォトブック自体の評価としては、かなり良いと言えるでしょう。

フォトブック作成時に気付いたポイント・注意点など

「フォトブックデザイン」では、ハードカバーとソフトカバーの分かれ目が見にくいので、料金計算を間違えないようにしたいところ。ちょっと公式サイトの表が見にくいので注意が必要です。

今回、私が作ったのは普通に写真を入れるタイプの「スタンダード」ですが、よりたくさんの写真を並べたい場合は「インデックス」というタイプも選べます。使いたい写真や予算状況により、合っている方を選べるのが良いですね。

あと、一番良かったのが、フジフィルムのweb上で作っている途中、ポイントポイントで欲しい情報をヒントとして出してくれるのが本当にありがたいです!ユーザーに優しい感じがして、作っていても安心感があります。これは嬉しい!

富士フィルムのフォトブック写真07

■ 注意点 ■

背表紙の編集忘れに注意!画面のズームを活用しよう。

富士フィルムのフォトブック写真08

また、デジカメ画像の最小サイズは「幅1024pix 高1024px以上」となっています。これより低いとレイアウトに加えられないので注意が必要です。すでに撮ってある写真で作る時に、640×480px(ありがちなサイズ)などしかない場合は、別のフォトブック作成会社で作るしかありません。似たところだと「かんたんMyBook」が代わりとなるでしょう。

今回注文した内容

今回は簡単に作れる「フジフィルムのweb上(フォトブックデザイン簡単作成タイプ)」で作ることにしました。というのもすでにMyBook用とカメラのキタムラ用でソフトをダウンロードしてあり、今回のフジフィルムのフォトブックはいわゆる「お試し」で作るため、web上で作ることにしました。

  • フジフィルムのweb上で作成
  • フォトブック ソフトカバー
  • タテ127×127mm
  • ページ数16P
  • 写真46枚使用
  • デザインテーマはナチュラル
  • 注文から11日後に到着

このスペックで1,380円。送料無料キャンペーン中だったのがラッキーでした。

また、クレジットカード決済にしたので手数料は0円です。(コンビニ後払いの場合は210円、代金引き換えの場合は315円掛かります。)

今回作成した「富士フィルムのフォトブック」は画質・品質・ユーザーへの気配り(作りやすさ)はとても満足度が高く、フォトブック会社の中でも個人的に好きになった会社です。結婚式から旅行の思い出まで、幅広く活用できるくらい質の高いサービスを展開していると言えるでしょう。かなりお勧めの会社なので、ここで作っても間違いはないと思います。ご興味がある方は、ぜひ会社紹介ページもご覧になってみてください。

他にも最新!お勧めフォトブック一覧(結婚式、卒業式、プレゼント用、スマートフォンなど)のページも用意していますので、どの会社で作ろうか迷っている方は、ぜひとも見ていってください。フォトブック選びのお手伝いをさせていただいているページです。

Pocket
LINEで送る