Pocket
LINEで送る

15冊目となるフォトブックをフジフォトアルバムで作りました。

最近、ありがたいことに「フォトブックはどれがお勧めですか?」という質問をいただくことも増えてきていますが、質問する方で「フジフォトアルバム」に興味を持っている割合がかなり高いなと感じています。

まあ、フジフォトは銀塩のフォトブックが作れる数少ない会社の一つですので、画質を重要視する方の目に留まるのは自然なことだと言えますが。ちなみにvivipriに興味を持っている方も同じくらい多いです。

で、私はというと、これまでにフジフォトを作ったことがない・・という体たらく。なので、せっかくいただいた質問に対しても『フジフォトアルバムに関してはコメントを控えさせてください状態』になってしまっていました。こりゃーイカンですよね。ええ。

という訳で、今回フジフォトで銀塩フォトブックを作ってみましたよ!それも、個人的に「MyBookとフジフォトの画像はどのくらい質が違うのか?」ということに興味があったので、以前MyBook作成時に使った写真をそのまま今回のフジフォトでも使うことにしました。

これで画質の違いが明確に分かるというものです。ではでは、出来上がったフォトブックを見てみましょう。

ウチに到着!

注文からちょうど2週間後、東京にある我が家にフォトブックが届きました。

それがこちらです。

 

届いた時はプチプチに厳重に守られている状態ですが、中身はカバーなどは付いていません。私はカバーが付いているだけで嬉しく思ってしまうという性質があるようなので、この点は少し残念。

ただ、カバーこそついていないですが、フジフォトは基本的にハードカバータイプでの提供となっていますので、非常にしっかりしていて見るからに丈夫そうです。保管の面では、カバーが無くても全く問題ないように思いました。

表紙も紙もかなり厚めの仕上がり

ハードカバーの話に触れたので、このまま表紙と本文の紙質の話にいこうかと思います。

まず、表紙も裏表紙もハードカバーとなっており、かなり厚いです。

で、本文の一枚一枚も相当な厚さとなっています。

この厚みは個人的にはあまり好かないのですが、フォトブックとしてはとてもしっかりしているという印象を受けるのも事実。

ただ、8ページしか作っていないのに、背表紙のこの厚さはさすがにビックリしました。

おいおい、絵本並みじゃないですか・・。

いや、しっかりしてるから良いんですよ。多少の強い衝撃にも耐えられそうですし、保管の面では最適です。厚い紙が好みの方には本当に最高だと思います。ただ、私はもっと薄い方が扱いやすくて良いな~と感じてしまうというだけのこと。うーん、好みって色々だなぁ・・。

Mybookとの画像比較

さて、フジフォトと言えば銀塩!銀塩と言えば「高画質!」ですよね~。

私もここを一番楽しみにしていました。ではでは早速写真をみてみましょう♪

ふむ

ふむふむ

うーん・・。確かに悪くない。いや、良いですよ、十分良いと思います。

しかしながら、「銀塩としてどうか」という目で見てみると、期待していたほどではないかもな~なんて感じたり感じなかったり・・。

もっと写真のような高画質を期待していたのですが、そこまではいっていませんね。確かに悪くない画質なのですが、少し物足りないような気もします。

以前、同じく銀塩で有名な「P-Bookらくらくフォトブック」でフォトブックを作ったことがありますが、今回のフジフォトの画質はP-Bookと同じくらいか、もしくは少し下かなという感じでした。ただ、写真の違いによって画質の精度も変わってきますから、どっちがどのくらい良いのかという評価は難しいのが現状でです。とりあえず、同じくらいの画質と言っておきましょう。

あ、そうそう、MyBookと画質を比べるために、同じ写真を使って作っているんだった。という訳でMyBookと比べてみます。

左がMyBook、右はフジフォトアルバムです。

この写真を見る限りでは、正直言って「あまり変わらない」というのが本音です。また、この写真だけでなく、他のページでも比べてみたのですが、画質の差は思っているほどありません。というか、ほとんど差はありませんね。

うーん、銀塩ってそれほど良いモノでもないのかなぁ・・と思い始めた管理人です。それとも、オンデマンド印刷が予想以上に質が良いのか・・。ここらへん、ちょっと考え直しが必要かも知れません。

今回注文した内容

  • フジフォトアルバムのweb上で作成
  • B5タイプ(182×257mm)
  • ハードカバー
  • 8P
  • 銀塩写真の印画紙仕上げ
  • 写真18枚使用
  • 注文から2週間で到着

このスペックで1,980円(送料1,000円なので2,980円)でした。

ちなみに代引きは315円かかります。

今回作成した「フジフォトアルバム」は、デザイン性能はかなり低かったですが、画質の良さと価格の低さが魅力ポイントの会社でした。ただ、送料が1,000円もかかってしまうので、「かなりの低価格でハードカバーが作れる!」という喜びが少し薄くなってしまうのが残念なところ。

銀塩の印画紙出力という「画質」の面ではかなり大きな期待が持てますが、実際に比べてみるとMyBookとそれほど変わらないかも知れません。なので、結婚式用などの凝ったデザインで作りたいという場合は、MyBookを選んだ方が良いかも知れません。

低価格で高画質のハードカバーフォトブックを作りたい場合はフジフォトが向いています。特にプレゼント用としては最適かも知れません。

フジフォトアルバムに興味がある方は、ぜひ会社紹介ページもご覧になってください。

他にも最新!お勧めフォトブック一覧(結婚式、卒業式、プレゼント用、スマートフォンなど)のページも用意していますので、どの会社で作ろうか迷っている方は、ぜひとも見ていってください。フォトブック選びのお手伝いをさせていただいているページです。

▼フジフォトアルバム公式サイトはこちら
フジフォトアルバム

Pocket
LINEで送る