Pocket
LINEで送る

17冊目となるフォトブックをVistaprint(ビスタプリント)で作りました。

この会社は非常に安い値段でのフォトブックの提供をしてくれていますので、前々から興味はありました。が、ビスタプリントのHP上でのフォトブックの紹介が短いことと、その種類の少なさから、どうもフォトブックに力を入れている会社ではないと思い込み、これまでは作ってきませんでした。

しかしながらこの間、広告代理店の方からビスタプリントに関する連絡をいただいたのをきっかけに、一度作ってみることにしました。それが今回作った「高尾山の風景写真」です。Vistaprint1作目になります。

正直、これで質が良かったら儲けもの・・くらいの気持ちです。満足度が低かったら・・もう使いませんw

この1作で終わるか、はたまた気に入るのか。運命の分かれ道であるフォトブック完成品チェックに移りたいと思います。

ウチに到着!

注文から15日後に我が家にフォトブックが到着しました。(ちなみに、配送スピードについては価格次第で色々と変更も可能です。詳しくは後述で・・)

簡単な包みに入れられてのご到着です。待ってたよ♪

中身はこんな感じです。

一番小さいサイズの140×102mmで頼んだので、こうやって写真で見るよりも全然小さいです。はがきサイズです。

写真のように、表紙についている半透明のケースと手を比べると小ささが分かります。フォトブックというよりも、ポストカードを集めた小さいアルバムといった印象ですね。

紙質と画質をチェック

今回のVistaprintのフォトブックは、通常価格で1,200円。他のフォトブック会社と比べると、少々安めといったところです。

もしもこれで質が良いのであれば相当使えるのですが、はたしてどうでしょうか。見てみましょう。

まずは紙質をチェック

・・普通・・かなぁ。特に良いという印象もないですが、それほど悪くもありません。ただ、頻繁に触っていると紙の四つ角が少しめくれてきているのがいただけないですね。これはマイナスポイントでしょうね。

お次は画質をチェック。

ふむふむ。

うーん・・。どうなのかな~。凄く正直に言うと、鮮明な感じはしませんね。これまで作ってきたフォトブックの中でも、良くない方だと思います。個人的には、このレベルだと次回は作る気が起きません・・。

20ページ作れて1,200円という値段も、一見すると安い気がしますが、意外と他のフォトブックサービスでも似た様な価格設定をしています。

辛口意見となってしまいましたが、ビスタプリントで作るメリットはあまり感じられないという結果に終わりました。ただし、あくまで個人的意見ですので、作ってみたら気に入る方もいると思います。好みは人それぞれですからね。

送料が高いので注意を!

また、もう一つの気になる点があります。それは『送料が高い』ということ。

Vistaprintでは以下のような送料の設定をしています。

エクスプレス+: 3営業日 \2,918
プライオリティー: 約7日間 \1,873
スタンダード: 約14日間 \1,590
スロー: 約21日間 \859

早く届けてもらおうと思えば、最大で3,000円近くも送料がかかってしまいます。海外からの発送らしいので高いのも仕方ないのかも知れませんが、ちょっとこの価格設定は痛いですね・・。

結局1,200円で購入しようとしても、一番安い送料を加えたら2,000円を超えます。そうすると、一気に価格高めのフォトブックの仲間入りしてしまいます。

何か、色々な面でよくわからない感じでした・・。

今回注文した内容

  • 140×102mm
  • 20P
  • 写真20枚使用
  • Webアップロード
  • 注文から15日で到着

このスペックで1,200円(スロー:849円、振込み手数料262円を入れると2,311円)でした。

ただし、今回は本体の料金が特別に75%割引きだったため、300円となりました。なので300円+849円+262円=1411円となります。

ちなみにクレジット払いも出来ます。

Vistaprintに興味がある方は、ぜひ会社紹介ページもご覧になってください。

他にも最新!お勧めフォトブック一覧(結婚式、卒業式、プレゼント用、スマートフォンなど)のページも用意していますので、どの会社で作ろうか迷っている方は、ぜひとも見ていってください。フォトブック選びのお手伝いをさせていただいているページです。

▼Vistaprint(ビスタプリント)公式サイトはこちら
フォトブック

Pocket
LINEで送る